自計化(じけいか)とは

自計化
自計化とは、企業様が日々発生する営業取引の内容をご自身で記帳(会計ソフトに入力)することをいいます。

当事務所では弥生会計ソフトを使用した財務経理を指導しており、自計化をバックアップしています。
→会計ソフトとはどんなもの

自計化することのメリット

メリット1 会社の財務状態が常に分かる
現金残高や預金残高が、現金監査や預金通帳の記帳をしなくてもパソコン画面で瞬時に分かります。

メリット2 財務分析
経理に明るくなることで、今後発生する費用や、将来の利益の算定が楽に立てられ、安定した企業経営に役立ちます。

メリット3 記帳料金が不要
一般的に記帳を依頼する場合、別途料金がかかります。

自計化することのデメリット

 デメリット1 記帳するための人力が必要となります。

 デメリット2 
設備投資(パソコンや会計ソフトの購入費用など)がかかります。

 デメリット3 簿記の知識が必要となります。

自計化をすることによって、デメリットの方が勝る場合は、良い自計化とは言えません。
企業の健全なる成長が目的であり、そのための手段として自計化があるのです。
自計化により現在の財務状況が常に経営者に届き、これを基に迅速で、かつ、的確な意思決定を行うことができます。

当事務所は、企業様の経理事務が効率、効果的になる自計化を応援いたします。
経理事務のアウトソーシングをお考えの企業様には、記帳代行サービスもご提供いたします。

お問い合わせ_竹井税理事務所