自計化サポート

会計ソフトの導入から使用法まで手厚くサポートいたします!

「自計化」というのは、自分の会社で会計ソフトを使って入力することを指します。経理の入力処理を自分の会社で実施するということです。 自分で会計ソフトを入力することで会計事務所にお支払いになる顧問報酬を安くおさえることができます。さらに、自計化を導入することによって、自分で会社の財務状況や経営成績が把握することができるという効果もあります。

業務の説明

現在のようにパソコンが普及する前は、会計専用のコンピューターは1台あたり百万円を超える高額なシステムでした。そのため、記帳代行を税理士に委託せざるを得ないといった環境もありました。当時の税理士との一般的な付き合い方は、手書きの伝票や帳簿を税理士に渡し、税理士事務所で入力業務を行い、入力したデータをもとに試算表を紙に出力し返却するといったものでした。

しかし、現在では簿記の知識のないユーザーでも手軽に簡単に扱えるようになりました。ソフトの導入も数万円で購入可能となり、記帳代行を税理士に委託しないでも自分の会社で経理処理が出来てしまう環境が出来上がりました。

企業様における最大のメリットは、記帳代行手数料を支払わなくて済む分、税理士に対する報酬が減るということかもしれません。さらに、リアルタイムでの数値管理が可能になりますので、銀行等に会社の情報を提出する際などにも、素早い対応が可能になります。
「会計ソフトを使ってのパソコン入力には抵抗がある」という方も多いかと思いますが、心配はありません。例えば伝票に、「科目:水道光熱費、摘要:電気代、15,000円」と手書きしていたものが、会計ソフトではマウスとキーボードで入力するだけです。摘要の「水道光熱費」をシステムで登録してしまえば、次回以降は入力する必要もなく自動で計算してくれます。電卓を使うこともありませんので楽になります。自計化によって大きな時間短縮が期待できます。

自計化サポート費用について

当事務所では自社で経理処理を行っていただくために、御社にとって一番操作しやすいと思われる会計ソフトをご案内させていただきます。最近の潮流はクラウド会計と呼ばれるものがあります。ITを駆使した経理処理の体制を取り入れることでインターネットバンキングなども取り入れた形をご提案いたします。 導入費用については各社様々ございますので、まずはご相談ください。

当事務所で扱う会計ソフトについて

当事務所でお勧めしている会計ソフトをご紹介いたします。

 弥生会計
会計ソフトの中では歴史があり、機能的にも使い易さにおいてもこなれています。 伝票会計から会計事務に親しんでいる人や複式簿記を頭に描いて経理をしている人には取り扱い安いと思います。 (お勧めポイント) 近年「弥生オンライン」サービスを始め、クラウド会計ソフトとしての弥生会計へ移行しつつあります。複式簿記から会計に親しんでいる人のクラウド会計ソフトと言えます。
お問い合わせ_竹井税理事務所